設計プランにこだわりをプラスして家族が住まう快適さを思いのままに。|石川県金沢市でちょうどいい住まいづくりができる低価格×高性能なデザイン新築住宅|グリスマ
  1. HOME
  2. お客様インタビュー
  3. 設計プランにこだわりをプラスして家族が住まう快適さを思いのままに。
お客様インタビュー

INTERVIEW

設計プランにこだわりをプラスして家族が住まう快適さを思いのままに。

設計プランにこだわりをプラスして家族が住まう快適さを思いのままに。

白山市 S様邸

ちょうどいい♪サイズのおうち グリスマ30坪3LDK

ご夫婦と1歳の男の子が暮らすS様邸は、令和2年7月に完成。
カッコいいガルバリウム外壁のお住まいのLDKには、木目天井やダークブラウンの床、淡い色の壁、黒のサッシが配され、おしゃれな雰囲気。
太陽光やスマートキーなど快適生活のための設備や工夫も満載です。

  • グリスマで家づくりをしようと思われたきっかけは?

    金沢市内の1LDKのアパートに住んでいたのですが、子どもが生まれて、そろそろ家を建てようかと考え始めて、インスタグラムでセイダイの広告を見て、とりあえず見学予約しました。すぐに連絡があり、分譲地の一画に建つ家を見学して、家について知らないことをたくさん教えてもらいました。家を建てるのは一生に一度のことなので、こうしておけばよかった、なんて失敗をしたくなくて、他のメーカーも自分の目で確かめたいと、何社かローコスト住宅を見学してみましたが、長く住む家としてはふさわしくないと思いました。家を建てるなんて、まだまだ、1、2年先かなと思っていたんですが、セイダイの家の性能の高さはもちろん、スタッフが皆さん温かく接してくれ、家への要望や疑問など、何でも言いやすい雰囲気なのも決め手で、せっかくならここで建てよう、と。見学した分譲地エリアの土地をご紹介いただき、それからは、とんとん拍子に家づくりが進みました。そういうこともあり、ハウスメーカー選びには苦労しなかったですね。
  • 家づくりでこだわった点は?

    たくさんの規格プランの中からレイアウトを選びましたが、洗面所は玄関近くに、ランドリールームは独立させる、家事がはかどるように、洗面、お風呂、ランドリールームへの動線をコンパクトにする、といった、自分たちの要望に合わせて設計士が間取りをレイアウトしてくれるので、規格プランをベースにしつつも、それにとらわれずに、まるで自由設計のような気分で家づくりができました。外壁はガルバリウム鋼板を選びました。他の施工例を参考にLDKの天井は木目に、フローリングはダークブラウン、壁紙はほんのりグレーがかった色、サッシの枠もブラックと、素材やカラーにこだわって変更して、好みの落ち着いた雰囲気に仕上がりました。
  • 2階の寝室には大収納のウォークインクローゼットを設けましたが、あえて夫婦別々のスペースに分けた方が整頓しやすいと考え、壁で仕切りました。子ども部屋は、息子がまだ1歳なので、今は物干しスペースとして使っていますが、いずれ子どもが増えた場合は、寝室に間仕切りしてもう1部屋を確保できるようにしています。

    セイダイからもいろいろと提案いただきました。中でも階段スペースに設けた大きな窓が気に入っています。周りが一面田んぼなので、天気のいい日には白山連峰が眺められて最高ですね。

    また、エコポイント制度を受けることができ、テレビボードやホットプレートなど、新生活に必要な家電も手に入れることができたので、とても助かりました。
  • 実際の住み心地はいかがですか?

    夏は玄関からもう涼しくて、気密性・断熱性の高さを肌で感じています。以前のアパート暮らしでは、電気代のほか、ガス代もかかっていたのですが、今はエアコンつけっぱなしなのに、電気代は同じか安いぐらいです。太陽光パネルの工事がこれからなので、HEMSが稼動したら、どれぐらいお得になるか楽しみにしています。

    また、アパートでは駐車場が離れた場所にあったため、どうしても外出するのが億劫になりがちだったんですが、今は、家の前に駐車場があるので、雨でも濡れずに出入りでき、子どものプール遊びなどにも使えて助かっています。さらにスマートキー付きのドアを設置して、アプリを使ってカギの開け閉めもできるので、かなり便利です。以前に比べてフットワークが軽くなったと思いますね。
  • 2階の寝室にはファミリーベッドを置き、ここで子どもが昼寝をしている間は、1階リビングでゆっくり過ごせるようになって、心に余裕が生まれました。また、妻の要望である広々したキッチンは、人工大理石にグレードアップして、IHコンロや食洗機も付けました。そのおかげで、毎日の家事の負担がずいぶん楽になったと喜んでいます。料理も張り切って手作りする、活き活きした様子を見ると、建ててよかったなと思いますね。

    シューズクローゼットやウォークインクローゼットなど随所に収納スペースがたっぷり確保できました。実は、アパートから引っ越す際に大量に家具や洋服などを処分したので、今はまだまだ余裕があります。でも、これから子どもの成長にともない、モノもどんどん増えてくるでしょうし、これだけあると安心ですね。
  • これから家づくりを考える方へのアドバイスをお願いします。

    お金のことを気にしすぎてローコスト住宅を選択するのはおすすめしたくありません。もちろん、資金には限界があると思いますが、例えば土地の費用を安く抑えて、しっかりした家を建てるのが賢い選択だと思います。私の場合は、ちょっと田舎の環境ゆえ、出勤などは以前より少し時間がかかりますが、それほど苦にはなりません。それ以上に快適な暮らしが手に入れらましたから。

    我が家は、建てる前にセイダイのOB宅訪問に一度うかがいました。住んでいらっしゃる方のリアルな感想を聞けるのが一番参考になるので、ぜひ参加してみた方がよいです。それでも、やっぱり建てた後にコンセントの位置など、気になるところは出てきたので、もっと細かいことを聞いておけばよかったぐらい。できれば、10年ぐらい住んでいる方の感想を聞けたら、もっと良かったと思っています。

    もう一つ、マイホームが完成したら早く引っ越して住みたいとの思いが先走って、私たちはアパートを即日引き払ってしまったんですが、もっと余裕を持って引っ越した方がよいと思います。なかなか荷物が片付かない日々が長く続いてしまいましたから。

    それでも、我が家は思いがけず早く家づくりを決めてしまいましたけど、結果いい家に仕上がったんじゃないかなと満足しています。ただ、ローンはいつまで組むか、予算はいくらまでといった自分たちの基準はあらかじめ、きっちり決めておいた方がいいです。我が家も基準を決めてこれ以上は無理と思っても、やっぱり予算は超えてしまいましたけどね(笑)。
インタビューを受けていただき、
ありがとうございました!